Sunday, August 27, 2006

株式投資



株式投資とは、株式を購入し、その株式の値上がりによる売買益をための投資法です。

株式とは何でしょうか。株式とは、株式会社が発光する証書のことで、会社が事業を行うために必要な資金を投資化から集め、事業により得た利益を投資家に配分する権利を表したものともいえます。

この権利は他人に譲渡できるため、証券取引所で売買されます。株式投資には、成長を期待する企業に投資し、その利益還元を受ける方法と、株式の権利(株券)を売買して、その差額で利益を得る方法などがあります。

株券を保有し続ける場合、企業が予想通りに成長し続ければ、売買されている株券の価値が高くなることにより、投資した資産が増えたり、投資している企業からの優待品を受け取ることができます。売買による差益を狙う方法は、相場変動や企業の業績の変化、決算発表のタイミングなどを捉え、安いときに購入し、それより株価が上がれば売却して、臨機応変な対応が必要になります。株式投資には、投資する金額分のみ株を購入できる現物取引と、投資額を担保に約株を購入できる信用取引があります。

ときに買い、高くなって利が乗れば、売って売買差益を得るものです。現物取引では、投資した金額の範囲で、株の売買を行います。購入時より株価が下がったり、万が一投資した企業が倒産しても、投資した金額以上の損失を出すことはありません。株の信用取引で、投資額以上の株を購入する場合、例えば担保に対して株を購入し利益が出た場合は、売却した差額は全て利益になります。株式投資は現物で、自分の背丈にあった形で行うことがよいようです。 

ネット株とは、株券を売買し、その差益を狙う投資法です。ここ数年で利用者が爆発的に増大し、現在は株式投資のメジャーな方法ともいえるでしょう。気軽に始めることができ、口座を開設する株価変動のチャートを参考にして1日何回でも、あるいは長期保有でも、売買を繰り返すことができます。購入してから数分や数時間での売買差益を狙うデイトレードなどは、このネット株での投資法です。株を証券会社の窓口で売買していたときには、手数料の高さや、担当者への遠慮などで頻繁に売買する風潮ではありませんでした。

 ネット株では、株式売買や、現金取引、現金を担保にした3倍程度の額で行う信用取引、小額の株数を売買するミニ株、外国為替や外国株式、先物取引などさまざまな投資法が用意されています。スタイルに合った投資法が見つかるといいですね。自分で相場変動を調べ、売買タイミングを決定する必要があります。売買は、専門家のアドバイスを受けることができますが、1回につき数万の売買手数料がかかることもあります。 

ネット株を使って、自分で株を売買する場合、証券会社に口座を開設します。売買ツールを提供しているので、複数の口座を開設しておき、使いやすいものを見つけるといいでしょう。株の売買は、損失が出たら早めに手を引くことを利益は確実に取っていくようにすることが大切です。 ネット株で数年で○億儲けました、という本がバカ売れしていますが、株取引の経験が浅い人ほど、1年で投資額の数倍の利益が出ると考えていることが多いようです。

1 Comments:

At 4:42 AM, Blogger Jonh Neo said...

Hi , I want to introduce you to http://freearticle.name

 

Post a Comment

<< Home